【工場設備】

質の高いの仕上がりには、作業者のスキル作業環境使用材料が深く関係していると考えています。
自分は小さな町工場/カスタムショップ/高級外国車ディーラーの集中工場まで、
幾つかの職場を経験し材料や環境設備の効果を肌で感じてきました。
その結果、自分の求めているクオリティーを実現する為に下記の設備・材料を当ファクトリーに導入しました。

【塗料】

当ファクトリーは外資系最高級塗料[DUPONT]を使用
しています。塗料の性能を最大限引き出す為に専用の
ミキシングマシーンにて攪拌してベストの状態で使用
しています。国産の塗料と比べ高価な材料ですが、
正しく使えば仕上がり・耐久性共に最高品質の塗膜
形成が可能です。環境面においても[CENTARI6000]
は[VOC]規格に対応するなど、人と自然環境に優しい
次世代塗料と言えます。その他、特殊な塗装には
[HOUSE OF KOLOR]や[ONE SHOT]など、
用途によって使い分けをしています。

追記】
現在はAXALTA社となりましたが内容物の変更は御座いません。

【イオンシャワーブース】

現在の高品質塗装を行うには、塗装ブースは
必要不可欠な工場設備です。

当ファクトリーで使用している「イオンシャワーブース」は、
給排気それぞれのファンをインバーターで負圧
コントロールすることにより、天上フィルターから供給
されるクリーンエアー以外をシャットアウトし、塗料ミスト
等を含んだダストエアーは排気フィルターを介して効率
良く排出させる「プッシュプルタイプ」の塗装ブースです。
最大の特徴は大量のイオンを発生させる事で
ブース内環境と被塗物の静電気を除電すること
が可能なので、空気中の微細な浮遊物や塗料ミストが
被塗物に吸い寄せられるのを防止する働きがあります。
この他にもメタリックやパールの不整列や塗料の
レベリング障害を緩和する優れた効果があります。
その他工場の設計段階で床面のグレーチング加工や
壁面に照明を増やす等、より良い環境を追求した
塗装場でペイント作業を行っています。

【コンプレッサー (圧縮空気)】

塗装はもちろんのこと多くの作業に使用する圧縮空気、
これらを生み出すコンプレッサーも重要な工場機器と考えています。
当ファクトリーで使用している「エアードライヤー内蔵のオイルフリー
コンプレッサー」は、水分や油分を一切含まない板金塗装に最適な
圧縮空気を供給します。さらに、塗装作業にはマルチドライフィルター
にて0.01μm以上の固形粒子を除去した超クリーンエアーを使い、
さまざまなトラブルを未然に防いでいます。

【スプレーガン】

塗装人にとって、何よりも大切にしたい道具です。
ハンドピース〜大口径ガン・HVLP・LVMP・等、
作業内容や面積によって適したガンを使い分けています。
自分の手と塗り方に良く馴染むので主にデビルビス製の
ガンを使っています、その他サタやイワタのガンも数丁使用
しています。性能や作業性に大きく影響するので使用後は
念入りに清掃して大切に保管しています。

【カラーシステム】

四輪カラーコードから使用原色データを検索してご希望のペイント色
を調合する事が可能です。また、データが無い色の場合でも
目調色にてペイント色を作り出す事もできます(色合わせ調色等)。

当ファクトリーではお客様のイメージカラーを伝えてもらう手段として、
7000色以上の色見本帳をご用意しているので、これらの
サンプルを目安にお気に入りのカラーでペイントする事も可能です。

【ウェットブラスト (ウォッシュブラスト)】

サンドブラストの進化版とも言える技術でサンドブラスト
では使用する事が困難だった超微粒子研磨剤を水に
混ぜ合わせ作業します。目的や素材によって
ジックリと時間をかけて施工する事で
サンドブラストよりも更に美しい表面処理を行う事が可能です。
また、水を使う事で熱の発生も抑えるので
サンドブラストでは施工が困難だったプラスチック等の
樹脂パーツにも対応する事ができます。

サンドとウェット、それぞれ仕上がり特性が違うので
作業内容によって使い分けます。

【サンドブラスト】

被塗物の程度によっては、
旧塗膜の剥離作業をする場合があります。

剥離の方法はサンドペーパーや薬品を使用するなど
幾つかありますが、サンドブラストもその中の一つで
二次派生的効果として金属素材の強化なども
あげられます。

【加熱乾燥】

ラッカー系塗料の時代は自然乾燥が主流でしたが、
現在のウレタン系塗料は加熱乾燥する事を前提に
作られています。熱を入れて乾燥させる事で化学反応
を促進させ強力な[三次元結合塗膜]を形成させるのです。
赤外線乾燥機と放射温度計にて正確な温度管理を
する事で、塗料の持っている性能をフルに引き出します。

【乾燥室】

パーツ専用の熱乾燥室です。
熱源を電子制御する事により部屋全体を任意の温度に設定にする事が可能なので、
複数のパーツを均一に焼けるというメリットがあります。

【溶接機】

板金作業やレストア系の仕事に必要な工場機器です。

200Vの安定した電力下で作業内容に合わせて、
ミグとスタッドを使い分けています